安武あいり

4歳より、母・安武多惠子のもとで、ジャズダンス、タップダンスを始めるとともに、クラシックバレエにも通い始める。

14歳より、タップを母の師でもあり、日本のタップマスターである中野ブラザーズ 中野章三氏に師事。

その後、シアタースタイル、ジャズタップスタイル、インプロタップなど、様々なスタイルのタップを学びながら、ジャズ、モダン、ホートンなどのダンスも学ぶ。現在コンテンポラリーを藤城道博氏等に師事。

往年のスタイルのタップにリズムタップやジャズ、コンテンポラリーダンスの要素を加え、それらを融合させた独自のスタイルを追求しながら、ダンサー、インストラクターとして活動している。

また、タップを一種の打楽器ととらえ、ピアニストやベーシストなどミュージシャンとの即興ライブなども行っている。定期的な自身のソロライブに加え、全国各地のタップダンサーが福岡でライブを行う際に、地元ゲストダンサーとして踊ることも多々

。 タップの足技はもちろんのこと、「踊り」としての全身表現に重きを置く、舞踊即興系タップダンサー。

【主な出演歴】

・4歳でタップ、ジャズ、バレエの初舞台を踏む

。 ・NHK「福岡一番星」出演

・2008年 中野ブラザーズ60周年記念 東京公演「That's DANCIN'」出演

・2014年 第18回 文化庁メディア芸術祭 エンターテインメント部門新人賞受賞映像作品 九州朝日放送 5D ARCHIVE DEPT. 出演

・2014年、2015年九州タップダンスフェスティバル出演

・2014年12月 1stソロライブ「Stepping Shower」開催 その後定期的にソロライブ開催

・2016年1月蔡暁強氏主催の公演「SHOES」にて藤城道博氏のコンテンポラリー作品「結界」にタップ・コンテンポラリーで出演

・2016年5月 母校西南学院大学100周年記念式典内ステージにて踊る

・2017年6月全国ロードショー 水谷豊 初監督・主演作品映画「TAP -THE LAST SHOW-」出演

   その他、ライブ、ジャズダンス公演、コンテンポラリー作品などにも多数出演。